ブローリフト術  眉毛上切開法|術後に起こりうるトラブル・対応

手術の詳細 ダウンタイム・術後経過 術後に起こりうるトラブル・対応

ブローリフト術|手術の詳細

下垂した眉毛や上まぶたのタルミにより、二重の幅が狭くなった・奥二重になった・または、まつ毛の下まで皮膚が垂れ下がり、視野の妨げになっている場合に、眉毛の上のラインで余分な皮膚を切り取り、眉毛を持ち上げ、上まぶたをスッキリさせる手術です。
 
加齢で眉毛が下がった方だけではなく、若い方でも元々眉毛が下がっている方におすすめの手術です。
 
目と眉毛が近すぎるため二重が狭い、目の上が重たく厚ぼったい方に適しています。
おでこ全体を持ち上げる前額リフトに比べて手術浸襲が少ない治療法です。
 
眉毛の上に傷跡は残りますが、傷跡が落ち着くとほとんど目立ちません。
 


ブローリフト術、デザインブローリフト術、皮膚の切除


ブローリフト術、仮縫合ブローリフト術、完成

【麻酔方法】
局所麻酔 笑気ガス麻酔 ラリンゲルマスク麻酔
 

ブローリフト術|ダウンタイム・術後経過

【ダウンタイム】
個人差があります。
 
 
■ 腫(は)
 
約3 日~2 週間 特に術後1~3 日目は、腫れが下りて上まぶたが腫れますが、1 週間程で落ち着きます。
内出血や感染症になった場合、腫れが長引く事があります。
 
 
■ 内出血
 
細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し上眼瞼から目の周りが紫色になりますが、1~2 週間で消失します。
また、白目に内出血が出現すると白目の一部が赤く見えますが、こちらも1~2 週間で消失します。
 
 
■ 抜 糸
 
5~7 日目(眉上のラインに沿ってついている黒い糸を抜糸します)
 
 
■ コンタクト
 
翌日から可能です。
 
 
■ メイク
 
眉毛、アイメイクは抜糸の翌日から可能です。その他の部分は手術2 日目から可能です。
 
 
■ 通 院
 
5~7 日目
 
 
【ダウンタイム後の経過】
 
1. まぶた
 
腫れやムクミにより 一時的に二重の幅が広くなる、また、二重の幅に左右差が生じることがあります。
 
 
2. 眉 毛
 
眉毛が引き上げられて、目と眉の距離は遠くなります。眉毛の位置は額の筋肉の緊張によって変わります。
そのため、手術後の眉毛の位置を正確に予測することは出来ないことをご理解下さい。
 
 
3. 傷
 
傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色(色素沈着)から白っぽい線へと変化し改善します。
 
 
4. 加齢による変化
 
手術後もシワ、タルミ、窪みなど加齢による変化は引き続き起こります。
 
 
5. 完 成
 
約6 ヶ月後
 
 

ブローリフト術|術後に起こりうるトラブル・対応

【喫煙について】
術前2 週間前~1 ヶ月は禁煙をお願い致します。喫煙により血液の循環を悪くすることで、傷の治りが悪くなります。
その為、傷口が赤く盛り上がって目立つ、また、頭の中の傷口の脱毛箇所が広くなってしまうことがあります。
また、細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。

 
手術後4 ヶ月は腫れや炎症が残っているため、傷が酷く残りやすく、また癒着(ゆちゃく)が強く変形が起きやすいため、原則として再手術には適さない時期です。腫れや炎症が治まる4 ヶ月以降に判断し、調整を行わせていただくことをご了承下さい。
※文中の『術後』の表記においては、初回手術を基準とさせて頂きます。

 

ブローリフト術|トラブル一覧

 
A) 顔の雰囲気の変化
B) 眉毛の上がりが足りない・目の上のタルミが残る(二重の幅が広くならない)
C) 上まぶたの窪みが深くなる・三重になる
D) 眉毛の形の変化
E) 眉毛の上がり過ぎ
F) 眉毛の位置の左右差
G) 二重の左右差
H) まぶたが閉じない
I) 二重のラインが浅くなる
J) 傷跡の盛り上がり・凹み・段差
K) 毛膿炎
L) 糸が出てくる
M) 感 染(化膿する)
N) 血が溜まる
O) 傷が開く
 
 

A) 顔の雰囲気の変化

A-1トラブルの内容
手術前に比べ、元々二重の方は二重が広くなる、まぶたがスッキリする、眉毛と目の距離が遠くなるため、お顔の雰囲気が変化します。
 
A-2 対応
下がった眉毛を改善することで生じる自然な変化です。
トラブル一覧へ戻る
 
 

B) 眉毛の上がりが足りない・目の上のタルミが残る(二重の幅が広くならない)

B-1トラブルの内容
額のゆるみによって持ち上げた眉毛が多少下がり、眉毛の高さが思ったほど上がらないことがあります。
また、眉毛が十分高くまで持ち上げられても、目の上のたるみが多くて、思ったより目の上にタルミが残ってしまう場合があります。
 
B-2 対応
眉毛上にて再度、皮膚の切除を行わせて頂きます。
但し、皮膚をたくさん切除すると、眉毛の形が変形したり、眉毛の皮膚が引き伸ばされて眉毛の縦幅が広がったり、傷が引っ張られてケロイドのように盛り上がったりすることがあります。
 
眉毛リフトによって広げられる二重の幅には限界があります。上まぶたや額のタルミが原因で、上記の方法だけでは十分な結果が得られない方は、前額リフトや二重の手術をご考慮下さい。
トラブル一覧へ戻る
 
 

C) 上まぶたの窪みが深くなる・三重になる

C-1トラブルの内容
眉毛と共に上まぶたの肉が持ち上げられるため、まぶたの膨(ふく)らみがスッキリします。
しかし、人によっては上まぶたの窪みが深くなったと感じることがあります。
また、まぶたの窪みが深くなることによって、三重になる事があります。
 
C-2 対応
まぶたの窪みや三重が気になる場合は、ヒアルロン酸でふっくらさせることが出来ます。
トラブル一覧へ戻る
 
 

D) 眉毛の形の変化

D-1トラブルの内容
眉毛の上で切り取る皮膚の量が眉毛の内側・中央・外側で異なることによって眉毛の形が変わります。
 
D-2 対応
眉毛の上の皮膚を部分的に切り取ることにより、眉毛の形を変えることは出来ますが、それによって目の形(二重)が変わってしまうことをご理解下さい。
トラブル一覧へ戻る
 
 

E) 眉毛の上がり過ぎ

E-1トラブルの内容
術前や術中に眉毛の高さを見ながら、切り取る皮膚の量を調整します。しかし、眉毛の位置は額の筋肉の動きによって移動しますので、術後、額の筋肉に力を入れるくせが強くなりますと、眉毛が高くなってしまいます。
 
E-2 対応
上がり過ぎた眉毛を下げるには、額の筋肉を緩めるボトックス注射をするか、眉毛の上に皮膚を移植する方法があります。
ボトックス注射は、何回か繰り返しているうちに額の筋肉に力を入れる癖が弱くなって効果が長く続くことがあります。
 
植皮術の場合、移植した皮膚と額の皮膚の色合いがマッチしないため、植皮部分の傷が目立ちますし、皮膚を採取する部位にも傷跡が残りますことをご了承下さい。
トラブル一覧へ戻る
 
 

F) 眉毛の位置の左右差

F-1トラブルの内容
元々眉毛の位置に左右差がある方では、手術後も眉毛の高さが揃わないことが少なくありません。
 
また、タルミを取ることによって起こる眉毛の位置の変化は、必ずしも左右同じではありませんので、手術後に眉毛の左右差が生じることがあります。
 
F-2 対応
気になる場合は、下がっている側の眉毛の上の皮膚を再度切除し、上がっている側に合わせる事で調整させて頂くか、または前額リフトが有効となります。
 
上がっている側を下がっている側に合わせることは基本的に不可能な事をご理解下さい。
トラブル一覧へ戻る
 
 

G) 二重の左右差

G-1トラブルの内容
二重ラインに左右差がある人では、眉毛の高さを変えても二重が揃わないことがあります。
二重を作る手術ではありませんので、もともとの二重が反映されます。
二重ラインがそろっている場合でも、眉毛の位置や額のタルミに左右差があれば二重の幅に左右差が生じます。
 
G-2 対応
片側の眉毛の位置を上げることで二重が修正出来る場合は、下がっている側の眉毛の上の皮膚を追加切除します。眉毛の高さが揃っている方で、二重の幅を調整する場合は、埋没法や切開法が有効です。
トラブル一覧へ戻る
 
 

H) まぶたが閉じない

H-1トラブルの内容
タルミを取り除くため、上まぶたの皮膚に余裕がなくなり、まぶたが完全に閉じなくなることがあります。
 
H-2 対応
目が閉じない期間は、目の乾燥を防ぐために、お渡しする処方薬をご使用下さい。
通常は、1~3 ヶ月で日常生活に支障がない程度に治ります。
トラブル一覧へ戻る
 
 

I) 二重のラインが浅くなる

I-1トラブルの内容
上まぶたの皮膚を取り除くと皮膚が引き上がるため、二重のくい込みが浅くなることがあります。
 
I-2 対応
埋没法又は切開法で二重のラインを固定することで改善します。
トラブル一覧へ戻る
 
 

J) 傷跡の盛り上がり・凹み・段差

J-1トラブルの内容
切開後の傷跡に段差や凹み、広がりや盛り上がりなどが生じる可能性があります。
 
J-2 対応
傷跡が気になる場合は、下記の方法を用いて改善を図ります。
ステロイド注 射(ケナコルト)
   赤く盛り上がったキズを平らにする効果が期待できます。
   効果が期待出来るまで、1 ヶ月に1 回の治療を繰り返す可能性があります。
   またステロイドの副作用として、皮膚や傷が凹む、細かい血管が浮き出るといったことがあります。
 
CO2 レーザー照射(術後4 ヶ月以降)
   傷跡の段差を削って、なめらかにする効果があります。処置後は3 ヶ月程赤みがあります。
 
切 開 法(術後4 ヶ月以降、傷の赤みが消えたうえで再度、切開し縫合します)
   凹みや広がった傷を改善します。
 
※傷を完全になくすことは不可能であり、目立たなくするという目的であることをご理解下さい。
また、個人の体質的な要因が大きいため、傷跡修正には限界があることをご了承下さい。
トラブル一覧へ戻る
 
 

K) 毛膿炎(もうのうえん)

K-1トラブルの内容
眉毛が生え揃うまで(術後1~3 ヶ月程)、切開した眉毛上の周囲に、毛膿炎が起きることがあります。
 
K-2 対応
毛膿炎が生じた場合は、状態に応じて薬を処方させて頂きます。
トラブル一覧へ戻る
 
 

L) 糸が出てくる

L-1トラブルの内容
縫合は丁寧に行っておりますが、稀(まれ)に中縫いの糸(皮膚の組織を縫い合わせる糸)が出てくることがあります。
そのままにしておくと化膿する恐れがあります。
 
L-2 対応
そのままにしておくと化膿する恐れがありますので、早めに来院して下さい。抜糸を行わせて頂きます。
トラブル一覧へ戻る
 
 

M) 感 染(化膿(かのう)する)

M-1トラブルの内容
術後治療部位に熱感・痛み・腫れが増す、あるいは長引く場合には感染が疑われます。
 
M-2 対応
感染が起きた場合は、内服薬の服用や抗生剤点滴投与を1 週間行い、必要に応じて傷を再度開ける、もしくは、新たに切開し膿を出す等の処置を行います。
トラブル一覧へ戻る
 
 

N) 血が溜まる

 N-1トラブルの内容
術後に傷の中で出血しますと、目の周辺が紫色に腫れ上がります。溜まった血液はそのままにしておきますと、感染やしこりの原因になりますので、早めに治療が必要です。
 
N-2 対応
血が溜まった場合は、再度、傷を開け、溜まった血を排出します。
トラブル一覧へ戻る
 
 

O) 傷が開く

O-1トラブルの内容
(まれ)に糸が外れたり、傷口の治りが悪く、傷口が開いてしまうことがございます。
 
O-2 対応
傷が開いた場合は、再度、縫合致します。
トラブル一覧へ戻る