頬ヒアルロン酸注入 ドールチーク|術後に起こりうるトラブル・対応(テキスト版)

治療法の詳細 ダウンタイム・術後経過 術後に起こりうるトラブル・対応

頬ヒアルロン酸注入 ドールチーク|治療法の詳細

ミッドフェイス(目の下の頬)にヒアルロン酸を注入し、ふっくらとした頬を形成する方法です。
 
人形のように頬の正面をふくらませる(ドールチーク)と可愛らしく、また間延びした顔が引き締まった印象になります。
 
目の下のくまを目立たなくする効果があります。両側で4cc以上注入される場合は定額割引が適用されます。
 
【麻酔方法】
局所麻酔 麻酔クリーム
 

頬ヒアルロン酸注入 ドールチーク|ダウンタイム・施術後経過

【ダウンタイム】
 
■ 腫れ・赤み
 
2~3 日程度
(注入直後は注射の箇所に目立つ赤み・腫れが数ヶ所出ますが、時間とともに改善します)
*内出血や感染症が起こった場合は腫れ・赤みが長引くこともあります。
 
 
■ 内出血
 
注射針があたり細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し紫色になりますが、1~2 週間で消失します。
 
 
■ メイク
 
注入直後は、パウダータイプのファンデーションは使用できます。
リキッドタイプは、針穴から入り込み、感染の原因となるので当日はお控え下さい。
 
 
【施術後の経過】
 
1. 効果の持続期間
 
ヒアルロン酸の吸収速度には個人差がありますが、初回注入は吸収が早く、約3~4 ヶ月で、効果の実感がなくなることがあります。
 
一度にたくさんの量を注入すると、ヒアルロン酸が塊となり持続性が高くなる傾向があります。
 
2. 完 成
 
約1 週間
 
 
【注意事項】
 
◆ 光・レーザー機器の施術を受ける場合は、2 週間は間隔をあけて下さい。
 

頬ヒアルロン酸注入 ドールチーク|治療後に起こりうるトラブル・対応

 

頬ヒアルロン酸注入 ドールチーク|トラブル一覧

 
A) アレルギーをおこす
B) 皮膚の壊死(えし)
C) 頬~上口唇にかけてしびれが生じる
D) 注入部が凸凹になる
E) 膨(ふく)らみ過ぎてしまう
F) 凹みが残ってしまう
G) 左右差
H) 笑いにくい
I) しこりが触れる
J) 感 染(化膿する)
 
 

A) アレルギーをおこす

A-1トラブルの内容
ヒアルロン酸はもともと人間の体内にある物質ですが、ごく稀(まれ)にアレルギーを起こすことがあります。
注入後から、または、数日後から約2 週間の間に、異常な赤みや腫れ、熱感等の症状が出ます。
頻度は2,000~3,000 人に1人といわれています。
 
A-2 対応
アレルギーを起こした場合、抗アレルギー剤の内服や点滴(ステロイド)を受けて頂く為に通院が必要になります。
また、注入したヒアルロン酸はヒアルロン酸分解注射で溶かす処置をさせて頂きます。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

B) 皮膚の壊死(えし)

B-1トラブルの内容
血管内にヒアルロン酸が注入される、あるいは注入によって皮膚がパンパンに膨(ふく)らんで緊張が強くなると皮膚の血流が悪くなります。血行障害を起こした皮膚は数時間後には紫色や赤色になり、痛みを伴います。
 
血行が悪いままにしておくと、皮膚が萎縮して凹みや赤みを残すことになります。
また血流が非常に悪くなると、皮膚が壊死(えし)して黒いかさぶたになってしまいます。
 
当院では血管内への注入を防ぐために、先端が鈍になった太い針を使用しております。
 
B-2 対応
異常を感じた時には、早急に来院して頂くようお願い致します。
血流障害が疑われる場合には、ヒアルロン酸を溶かす処置(ヒアルロン酸分解注射)を行わせて頂きます。
できるだけ早く、皮膚が壊死(えし)する前に治療を行うことが大切です。
 
皮膚が壊死した場合には、周りから皮膚が伸びて傷が閉じるように軟膏を処方させて頂きます。
当院では血管内への注入を防ぐために、注入部位によっては先端が鈍くなった太い針を使用致します。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

C) 頬~上口唇にかけてしびれが生じる

C-1トラブルの内容
神経に注射の針があたって、頬、目の下から鼻の横、小鼻、上口唇にしびれを生じることがあります。
 
C-2 対応
1 ヵ月程、自然な回復をお待ち頂かなければなりません。3 ヶ月程かかることもあります。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

D) 注入部が凸凹になる

D-1トラブルの内容
注入したヒアルロン酸の量が均等に広がっていないと頬の表面に凸凹が出てきてしまいます。
 
D-2 対応
マッサージをして頂くと、ヒアルロン酸が周りになじんで凸凹や膨(ふく)らみが滑(なめ)らかになります。
それでも改善しない場合には、ヒアルロン酸分解注射で溶かすことが可能です。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

E) 膨(ふく)らみ過ぎてしまう

E-1トラブルの内容
注入後1~2 週間はむくみのため、頬が膨らみすぎていると感じるかもしれません。
また、ヒアルロン酸が一部にかたよっていると、その部分が膨らみすぎてしまいます。
 
E-2 対応
まずは2 週間程経過をみていただき、その間、頬部をマッサージしてヒアルロン酸を周りになじませて下さい。
 
それでもそれでも頬部が膨らみすぎたと感じる場合には、ヒアルロン酸分解注射で溶かして注入部位を小さくすることが可能です。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

F) 凹みが残ってしまう

F-1トラブルの内容
ヒアルロン酸を注入する時には、結果を見ながら注入量を調整します。
針を刺すことによって多少腫れが起こりますと、腫れが治まった時にボリュームが足りなくなります。
 
F-2 対応
凹みが残ったり、膨(ふく)らみが足りなかったりするのは、ヒアルロン酸の注入が足りないのが原因です。
ご希望の場合は、追加注入をさせて頂きます。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

G) 左右差

G-1トラブルの内容
ヒアルロン酸の注入部分や広がりが左右でずれますと、頬の形に左右差が生じます。
元々の頬の形やたるみに左右差がありますと、注入後も左右差が残りやすくなります。
 
G-2 対応
ご希望の場合は、左右差の調整のための追加注入をさせて頂きます。
また、ヒアルロン酸の量が多いと感じる場合は、ヒアルロン酸分解注射で溶かすことが可能です。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

H) 笑いにくい

H-1トラブルの内容
口角や頬を持ち上げる表情筋にヒアルロン酸が注入されるためです。1 ヶ月程、違和感が続くこともあります。
 
H-2 対応
気になる場合は、ヒアルロン酸分解注射で溶かすことが可能です。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

I) しこりが触れる

I-1トラブルの内容
同一箇所に多量のヒアルロン酸を注入した場合、しこりのように感じる場合があります。
 
I-2 対応
経過に問題はありませんが、気になる場合は、強くマッサージをして頂きますと、しこりを散らすことが出来ます。
それでもしこりが残ってしまう場合は、ヒアルロン酸分解注射で溶かすことが可能です。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

J) 感 染(化膿(かのう)する)

J-1トラブルの内容
注入部の熱感・痛み・腫れ・赤みが増し続けたり、その症状が長引く場合には感染が疑われます。
 
J-2 対応
感染が起きた場合、内服薬の処方、抗生剤の投与のため通院が必要になります。
注入したヒアルロン酸は、ヒアルロン酸分解注射で溶かす処置を致します。
 
(まれ)ではありますが、感染がひどい場合には、切開をして膿を出す必要があります。
 
トラブル一覧へ戻る