脂肪溶解注射(リポビーン)|術後に起こりうるトラブル・対応(テキスト版)

施術の詳細 ダウンタイム・術後経過 術後に起こりうるトラブル・対応

脂肪溶解注射(リポビーン)|施術の詳細

痩せたい部分を「リポビーン」という薬剤によって、脂肪を溶解させる治療法です。
脂肪溶解注射(リポビーン)症例写真「施術前」脂肪溶解注射(リポビーン)症例写真「注入直後」脂肪溶解注射(リポビーン)症例写真「1日目」脂肪溶解注射(リポビーン)症例写真「1週間目」脂肪溶解注射(リポビーン)症例写真「2週間目」脂肪溶解注射(リポビーン)症例写真「1ヶ月目」
 
【麻酔方法】
麻酔クリーム
 

脂肪溶解注射(リポビーン)|ダウンタイム・術後経過

【ダウンタイム】
個人差があります。
 
■ 腫(は)れ・赤み
 
約1~2 週間(注入直後は、注射の箇所に目立つ赤み・腫れが出ますが時間とともに改善します。)
 
 
■ 痛 み
 
脂肪溶解注射後はじんじんと熱くなるような痛みがあります。
2~3 日程このような痛みが残りますが、経過とともに治まってきます。
 
 
■ 内出血
内出血の状態
注射針があたり細かい血管が傷つくと、皮膚の下で出血し紫色になりますが、2~3 週間で消失します。
 
 
■ メイク
 
翌日から可能です。
 
 
■ 完 成
 
約1 ヶ月
 
 
【2 回目以降の治療目安】
1 ヶ月後
効果は1 ヶ月程で現れます。
さらに効果を出したいという方には、続けて注入されることをおすすめ致します。
 

脂肪溶解注射(リポビーン)|治療後に起こりうるトラブル・対応

 

脂肪溶解注射(リポビーン)|トラブル一覧

 
A) 効果が物足りない
B) 思ったよりも痩せすぎてしまう
C) 皮膚のたるみ
D) 皮膚の色素沈着
E) 感 染(化膿する)
 
 

A) 効果が物足りない

A-1トラブルの内容
薬が脂肪細胞を減らす効果には個人差があります。
 
A-2 対応
多少なりとも効果が実感できた時は、リポビーン注射を1 ヶ月間隔で繰り返すことをおすすめ致します。
何回必要となるかはご本人の希望によって異なってきます。
 
リポビーンより変化に速効性を求められる方には、脂肪吸引の手術をおすすめ致します。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

B) 思ったよりも痩せすぎてしまう

B-1トラブルの内容
薬が脂肪細胞を減らす効果には個人差があり、予測ができません。痩せすぎてしまったと感じる場合もあります。
 
B-2 対応
痩せてしまったのが気になる場合は、ヒアルロン酸注入や脂肪注入で膨(ふく)らますことが可能です。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

C) 皮膚のたるみ

C-1トラブルの内容
脂肪を減らす効果に加えて、肌のハリを引き締める効果があります。
しかし、稀(まれ)に痩せたことによって肌のハリがなくなる、またはシワが目立つようになることがあります。
 
C-2 対応
たるんだ皮膚をすっきりさせるには、サーマクールやファインリフト、糸を使ったリフト、あるいは皮膚を切り取るリフト手術が効果的です。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

D) 皮膚の色素沈着

D-1トラブルの内容
内出血がおこることは珍しくありません。
大変稀(まれ)に、内出血の血液の分解産物の色素が皮膚の中に残って、茶色の色素沈着が続くことがあります。
 
D-2 対応
通常内出血は2~3 週間で消失します。
 
(まれ)なことですが、内出血の血液の分解産物の色素が皮膚の中に残って、茶色の色素沈着が続くことがありますが、6~12 ヶ月程で薄くなっていきます。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

E) 感染(化膿(かのう)すること)

E-1トラブルの内容
注入部の熱感・痛み・腫れ・赤みが増し続けたり、長引く場合には感染が疑われます。
 
E-2 対応
感染が起きた場合は、内服薬服用や抗生剤の投与を1 週間続けて経過をみます。
(まれ)なケースですが、感染がひどい場合には、切開をして膿を出す必要があります。
 
トラブル一覧へ戻る