水光注射|手術後に起こりうるトラブル・対応

手術の詳細 ダウンタイム・術後経過 術後に起こりうるトラブル・対応

水光注射|手術の詳細

先が細かい針になった専用の注入器で、空気圧により肌を吸い上げながら、粒子の細かいヒアルロン酸を均等かつ確実に真皮層に注入することで、お肌潤いを与え、みずみずしく透明感のあるお肌へと導きます。
 
お肌の状態に合わせ、ヒアルロン酸以外に、ボトックス、各種ビタミン等を配合することもあります。
 
【麻酔方法】
麻酔クリーム 笑気麻酔
 

水光注射 | ダウンタイム・術後経過

【ダウンタイム】
個人差があります。
 
■ 腫れ・赤み
 
1~3日
*内出血や感染症が起こった場合は腫れ・赤みが長引くこともあります。
*注入直後は薬剤を注入した部分が小さなこぶのように膨らんでいますが2~3 時間でなじみます。
*針穴の赤みが目立つ場合がありますが1~3 日で消失します。
 
■ 内出血
 
注射針があたり細かい血管が傷つくと皮膚の下で出血し紫色になりますが、1~2週間で消失します。通常内出血はほとんど起こりません。
 
■ 吸引跡(内出血)
 
注入時の吸引により赤い斑点が出ることがありますが3日~1週間で消失します。
 
■ メイク
 
注入直後は、パウダータイプのファンデーションは使用できます。
リキッドタイプは、針穴から入り込み、感染の原因となるので当日はお控え下さい。
 
■ 完 成
 
1 週間
 
 
【施術後の経過】
 
1. 効果の持続期間
 
個人差はありますが6 ヶ月程で吸収されます。
半年~1 年の間隔で定期的に注入することをおすすめいたします。
 
【注意事項】
 
◆ 光・レーザー機器の施術を受ける場合は、2 週間は間隔をあけて下さい。
◆ ボトックスを注入した場合、ボトックスは熱に弱い物質ですので、注入後1 週間はサウナなど異常に体温が高温になることはお控え下さい。
 
 

水光注射|手術後に起こりうるトラブル・対応

 
– トラブル一覧 –
 
A) 薬剤のアレルギーをおこす
B) 注入部が凸凹になる
C) 効果が十分にでない
D) 感染(化膿する)
 
 

A) 薬剤のアレルギーをおこす

A-1トラブルの内容
ごく稀(まれ)に薬品によるアレルギーを起こすことがあります。注入後、または数日後から約2 週間の間に、異常な赤みや腫れ・重度のかゆみ・熱感等の症状が出ます。
 
A-2 対応
アレルギーを起こした場合、抗アレルギー剤の内服や点滴(ステロイド)を受けて頂く為に通院必要になります。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

B) 注入部が凸凹になる

B-1トラブルの内容
注入した薬品が均等に広がっていないと皮膚の表皮に凹凸ができてしまいます。目の周りなどの皮膚の薄い部分では凹凸が目立ちやすくなります。
 
特に、持続性のあるヒアルロン酸を使用した場合、凹凸ができて長引くことがあります。
 
B-2 対応
マッサージをしていただきますと、薬品が周りになじんで凸凹や膨らみが滑らかになります。
ご自身で修正できない場合にはご来院下さい。マッサージをさせて頂きます。
 
ヒアルロン酸による凹凸に対してはヒアルロン酸分解注射で溶解させて頂きます。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

C) 効果が十分にでない

C-1トラブルの内容
水光注射は皮膚全体にハリを出す効果がありますが、深い、部分的なシワや凹みは残ります。
 
C-2 対応
表情筋によってできる目尻、眉間、額のシワにはボトックスの注入を、鼻唇溝・マリオネットラインのシワの凹みにはヒアルロン酸を注入することをおすすめいたします。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

D) 感染(化膿する)

D-1トラブルの内容
注入部の熱感・痛み・腫れ・赤みが増す、また、その症状が長引く場合には感染が疑われます。
 
C-2 対応
感染が起きた場合、内服薬の処方、抗生剤の投与のため通院が必要になります。
 
(まれ)なケースではありますが、感染がひどい場合には、切開をして膿を出す必要があります。
 
トラブル一覧へ戻る