オーロラ治療|術後に起こりうるトラブル・対応(テキスト版)

治療法の詳細 ダウンタイム・術後経過 術後に起こりうるトラブル・対応

オーロラ治療|治療法の詳細

オーロラは、肌のハリを出すRF(高周波)と、肌のシミを取って色をきれいにするIPL(光エネルギー)を組み合わせた治療器です。シミやそばかす、くすみ、赤ら顔、赤いニキビ跡などに効果を発揮します。
 
【麻酔方法】
照射のときにピリっとした痛みがありますが、ほとんどの人は我慢できる程度の痛みです。
痛みに敏感な人は、麻酔クリームを塗ることで、痛みを緩和できますのでお申し付け下さい。
 

ダウンタイム・治療後経過

【ダウンタイム】
個人差があります。
 
 
■ 赤 み
 
1 日ほどで赤みは消えます。
 
 
■ 痛 み
 
照射後数時間~1 日は、照射部にヒリヒリとした痛みがあります。
 
 ■ メイク
 
直後から可能です。
 
 
 ■ 洗 顔
 
直後から可能です。但し、かさぶたを引っかいて剥がすようなことは避けて下さい。
 
 
【治療後の経過】
 
照射後数時間~2 日ほどの間に、うすいシミやそばかすの色素が焦げて薄いカサブタになリ、濃く浮き出てく
ることがあります。
 
これは通常の経過です。洗顔や入浴を繰り返すことで、1 週間~2 週間の間に自然に剥がれてきます。かさぶたが取れることによって、シミやそばかすの色が薄くなっていきます。
 
シミやそばかすが肌の表面の浅いところにある場合は、1 度の治療でかなり薄くなります。しかし、シミやそばかすに厚みがある場合には、1 度の治療で完全に消すことができないので、繰り返し治療が必要です。
 
※ 効果には個人差があります。症状によっては顕著な改善が見られない場合もあります。
 
 
【2 回目以降の治療目安】
 
3 週間~1 ヶ月後
オーロラは肌の掃除のようなものです。掃除をする毎(ごと)に、クスミが取れ、肌の色をきれいにすることができます。月に1 度程度のペースで、繰り返し施術されることをおすすめします。
 
 
【治療後の注意事項】
 
◆ 通常の日焼け予防をして下さい。
◆ 傷になり色素沈着が起こりやすくなりますので、かさぶたは自然に剥がれるまで(皮が再生する前に)、洗顔時に強くこする、爪で引っかくなどして無理に剥がさないようにして下さい。
◆ 乾燥しやすくなりますので、十分な保湿を心がけて下さい。ローションパックがおすすめです。
 
 

治療後に起こりうるトラブル・対応

 

トラブル一覧

 
A) やけど
B) 色素沈着
C) 効果が物足りない
D) 好転反応
 
 

A) やけど

A-1トラブルの内容
光照射にシミやくすみが強く反応したり、肌の凹凸のために高周波の熱が強く入ってしまった場合には、軽いやけどを起こすことがあります。
 
A-2 対応
やけどを起こした箇所は赤みが続いたり、水疱ができたりすることがあります。
その場合は、炎症を抑えるステロイドクリームを処方致します。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

B) 色素沈着

B-1トラブルの内容
やけどの部分が色素沈着になることがあります。肌質によっては治療前より色が濃くなってしまうことがあります。
 
B-2 対応
その場合は、漂白のクリーム(ハイドロキノンクリーム)や肌のターンオーバーを早めるトレチノインクリームをご使用下さい。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

C) 効果が物足りない

C-1トラブルの内容
シミの表面をうすく焼いて剥がす治療ですので、シミの厚みによっては1 度できれいにならないことがあります。照射を繰り返すことで、徐々にうすくなってきます。また、色が薄いシミは光エネルギーに反応しにくいため効果が出ないことがあります。
 
C-2 対応
オーロラには肌のハリをもたらす効果がありますが、もっとハリを出したいという方には、ポラリスやサーマクールといった治療をおすすめします。
 
トラブル一覧へ戻る
 
 

D) 好転反応

D-1トラブルの内容
新陳代謝が活発になることによって、肌内部に溜まっていた老廃物が出てきて、一時的にプツプツとニキビのようなものができる場合があります。
 
D-2 対応
 
シミの表面をうすく焼いて剥がす治療ですので、シミの厚みによっては1 度できれいにならないことがあります。照射を繰り返すことで、徐々にうすくなってきます。
 
新陳代謝が活発になることによって、肌内部に溜まっていた老廃物が出てきて、一時的にプツプツとニキビのようなものができる場合があります。1 週間前後お待ち頂くと自然に引いてきます。
 
トラブル一覧へ戻る